CASHI

cashi

2-5-18-1F Nihonbashi-Bakuro-cho Chuo-ku Tokyo 103-0002 Japan
+81(0)3-5825-4703 / info@cashi.jp / Thu.-Sun. 11:00-19:00
Other days are by appointment only. Please call or e-mail.

「HOLE/WHOLE」帆苅祥太郎・川村喜一

ex55_holewhole01.jpg
帆苅祥太郎 ≪Studies for Melancholia≫ 2015

「HOLE/WHOLE」
2016年4月9日(土)- 2016年5月29日(日)
出展作家:帆苅祥太郎・川村喜一
レセプションパーティー : 2016年4月29日(金祝) 13:00-18:00

 この度、CASHIでは2016年4月9日(土)より2016年5月29日(日)まで、帆苅祥太郎・川村喜一による二人展「HOLE/WHOLE」を開催致します。

 帆苅祥太郎は、自身が日常の中で感じる“現実感の希薄さ”や“他者との境界”をテーマに、彫刻を制作してきました。
 「白昼夢のように現れるイメージを、素材を介してTangibleなものとして固定すること」、それが重要なのだと作家は言います。物質という肉体を与えられたイメージは、基部としての台座によって配置されることで、空間との相互的な影響を生み出します。
 本展では、近年取り組んでいる〈ストラクチャーとしてのオブジェクト〉をベースに、“場との関係性”に着目した新作数点にて空間を構成致します。

ex55_holewhole02.jpg
川村喜一 ≪Heart of the Frontier≫ 2015 Photograph H360xW540mm

 川村喜一は、「見えないものを見えないままにする」ことをキーワードに、写真や映像表現に取り組む若手作家です。本展では、写真・映像作品を新旧織り交ぜて構成致します。
川村にとっての写真・映像表現は、不可視のものを可視化する為の道具ではなく、理解の及ばない、あるいは見ることのできないものたちの存在を、我々に再認識させてくれるひとつの道具であると言えます。
 あらゆるものは可視化され、あらゆる事実が計測可能であるかのように思われる現在ですが、一方で“見えないもの”はいつも私たちの記憶や予感のなかに確実に寄り添い、静かに存在してきました。
 現代の日常では忘れられがちなそれらを捉えた川村の作品から、我々鑑賞者は、身近にあった“見えないもの”の存在に、ふと気付くことになるのです。

 会期途中の4月29日(金祝)にはレセプションパーティーを開催いたします。
 是非この機会にご高覧、ご紹介賜りたく、ここにご案内申し上げます。

pdf iconPress Release(ja)

CASHI Calender

NEWS

梅沢和木が、ゲンロン カオス*ラウンジ五反田アトリエにて個展「画像の紙々」を開催いたします。

梅沢和木が、ゲンロン カオス*ラウンジ五反田アトリエにて個展「画像の紙々」を開催いたします。

梅沢和木個展「画像の紙々」
2016.8.26(fri)- 9.7(wed)
会期中無休
会場 : ゲンロン カオス*ラウンジ五反田アトリエ
〒141-0022 東京都品川区東五反田3-17-4 糟谷ビル2F
http://chaosxlounge.com/wp/archives/1850

興梠優護が、東京藝術大学美術館陳列館にて「宇宙と美術と人体と」に参加いたします。

興梠優護が、東京藝術大学美術館陳列館にて「宇宙と美術と人体と」に参加いたします。

「宇宙と美術と人体と」
2016.9.15(thu)- 9.23(fri)
営業時間:10:00-17:00 (入館は午後4時30分まで)*会期中無休
会場 : 東京藝術大学大学美術館 陳列館1階、2階
〒110-8714東京都台東区上野公園12-8東京藝術大学美術学部構内
http://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/2016/sahb/sahb_ja.htm

興梠優護が、成山画廊にて個展「Portrait」を開催しております。

興梠優護が、成山画廊にて個展「Portrait」を開催しております。

興梠優護個展「Portrait」
2016.7.7(thu)- 8.6(sat)
水曜日、日曜日、祭日 休廊
会場 : 成山画廊
〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-8 松岡九段ビル205号室
http://www.gallery-naruyama.com/

サガキケイタの作品がAlbum『Semikujira』のアートワークに使用されております。

サガキケイタの『Black Submarine』が5月にリリースされたサックス奏者、坂田明さんのNew Album『Semikujira』(Akira Sakata/Johan Berthling/Paal Nilssen Love)のアートワークに使用されております。

Akira Sakata New Album『Black Submarine』

http://www.trost.at/label/releases/releases/?no_cache=1&tx_ttnews%5Btt_news%5D=285&tx_ttnews%5BbackPid%5D=9