CASHI

cashi

2-5-18-1F Nihonbashi-Bakuro-cho Chuo-ku Tokyo 103-0002 Japan
+81(0)3-5825-4703 / info@cashi.jp / Thu.-Sun. 11:00-19:00
Other days are by appointment only. Please call or e-mail.

「Body」興梠優護・齋藤永次郎

ex54_body_image01.jpg
齋藤永次郎 ≪無題≫ 2014, acrylic on canvas, H910 x W910 mm

「Body」
2015年12月5日(土)- 2016年1月31日(日)
出展作家:興梠優護、齋藤永次郎
レセプションパーティー : 2015年12月26日(土) 18:00-20:00

 この度CASHIでは2015年12月5日(土)から2016年1月31日(日)まで、深川番所ギャラリーと共同企画となる、興梠優護・齋藤永次郎による二人展「Body」を開催いたします。

  興梠と齋藤は両者共に、人体を主なモチーフとして制作を行う若手のペインターです。
 興梠は、生々しくとろけるような筆跡で、女性や動物といった対象を描きます。身体の一瞬を捉えた不安定なイメージは、重なり合いながら、画面の中で展開されていきます。
 一方で齋藤は、大胆で不可測なストロークを特徴とします。作家自身が「虫の這った跡のようなもの」という絵画は、感情の介在しない本能的な領域を想像させ、そこに作品に対する意識と無意識をめぐる独自の関係性をみることができます。

ex54_body_image02.jpg
興梠優護 ≪l 77≫ 2015, oil on canvas, H1303 x W894 mm

 同じ人体をモチーフとしていながら、身体的な形状を作品から読み取ることもできる興梠と、一見抽象画のようにもみえる齋藤。両者からは、「身体」というモチーフのもつ多様な展開を読み取ることができます。興梠の表現からはその計画性や意図を垣間見ることができますが、齋藤は無骨な筆跡や、その行き来から浮かび上がるモチーフとのギャップが印象的です。

 興梠は全て新作にて、齋藤は新旧織り交ぜて構成いたします。
彼らのつくり出す交差的な空間を是非、この機会にご高覧、ご紹介賜りたく、ここにご案内申し上げます。

pdf iconPress Release(ja)

Exhibition

「dpi」

2017 : Exhibition

三木サチコ個展「Boundary zone」

2017 : Past

「HOLE/WHOLE」帆苅祥太郎・川村喜一

2016 : Past

「Body」興梠優護・齋藤永次郎

2015 : Past

「Celsius」

2015 : Past

高橋つばさ個展「芒種」

2015 : Past

「正規表現」宮田聡志・三輪彩子

2015 : Past

興梠優護個展「Ripple」

2014 : Past

サガキケイタ個展「転式」

2014 : Past

興梠優護個展「Hopscotch」

2014 : Past

Group Show VII

2014 : Past

北加賀屋クロッシング2013 「MOBILIS IN MOBILI -交錯する現在-」 

2013 : Past

出野虹大「偽花魔法蟷螂」

2013 : Past

Group Show VI -Drawing Selection-

2013 : Past

「梅沢和木回顧展」

2013 : Past

三木サチコ個展「やわらかな球めぐる粒」

2013 : Past

帆苅祥太郎個展「うつろの観者」

2013 : Past

「Group Show V」

2013 : Past

「ラッセン展」

2012 : Past

「100 degrees Fahrenheit vol.3」

2012 : Past

梅沢和木「大地と水と無主物コア」

2012 : Past

興梠優護「boiling point」

2011 : Past

宮田聡志「雨漏り」

2011 : Past

parapera presents 「LIVE! LIVE! LIVE!」、「FUTURE ZINE WORKSHOP」、「NEW ZINE WORKSHOP」

2011 : Past

「Group Show IV」

2011 : Past

「matter」

2011 : Past

加藤直個展 「sunao」

2011 : Past

「Group Show III」

2011 : Past

サガキケイタ 「Obit」

2010 : Past

「parapera show ∽(シミリス)」

2010 : Past

「それらすべてを光の粒子と仮定してみる」

2010 : Past

「Group Show II」

2010 : Past

「再生する崩壊する自我する梅沢和木するラウンジする画像コアする*ラウンジ」

2010 : Past

梅沢和木 「美しい画像コア」

2010 : Past

「100 degrees Fahrenheit vol.2」

2010 : Past

悠久齋 「花も嵐もかきわけて」

2010 : Past

杉浦慶太 「Inkjet」

2010 : Past

Negam! 「ザギンでシースーを -Breakfast at Tiffany’s-」

2010 : Past

「誠実な草」

2009 : Past

三木サチコ 「プレゼントは雨の後ろ」

2009 : Past

「ニエプスの箱・右 / 左」

2009 : Past

「愛と笑いと涙を」

2009 : Past

「Group Show I」

2009 : Past

「不死鳥と雉鳩 -真夏の夜の夢2-」

2009 : Past

「100 degrees Fahrenheit vol.1」

2009 : Past

吉永マサユキ 「ちょッカン」

2009 : Past

Nam HyoJun 「ミドルテンション」

2009 : Past

興梠優護 「melting point」

2009 : Past

笹田靖人 「U to Pia」

2009 : Past

杉浦慶太 「森 -Dark Forest-」

2008 : Past

悠久斎 「わたしのために」

2008 : Past

サガキケイタ 「Birthday」

2008 : Past

三木サチコ 「震度1の微震」

2008 : Past

助田徹臣 「日没後に向こう側」

2008 : Past

「真夏の夜の夢」

2008 : Past

帆苅祥太郎 「Behind the Sun」

2008 : Past

「100 degrees Fahrenheit vol.0」

2008 : Past