CASHI

cashi

2-5-18-1F Nihonbashi-Bakuro-cho Chuo-ku Tokyo 103-0002 Japan
+81(0)3-5825-4703 / info@cashi.jp / Thu.-Sun. 11:00-19:00
Other days are by appointment only. Please call or e-mail.

「matter」

ex32_matter_image01.jpg
“thermalscape #031” 宮田聡志 2011 感熱紙

「matter」
2011年5月6日(金) – 5月28日(土)
レセプションパーティー : 2011年5月7日(土) 18:00-20:00
出展作家:稲葉友宏, 宮田聡志

新緑の候、皆様益々ご繁栄のことと存じます。この度CASHIでは、若手作家による二人展「matter」を開催いたします。
稲葉友宏は、昨年6月にCASHIにて開催された「100 degrees Fahrenheit vol.2」展において、鉄線のみで構築された全長約2mを越える鹿の彫刻を展示した若手彫刻作家です。鉄という硬い素材を自由に、まるで編みこんでいくように作られるその彫刻は、その細い一本一本の鉄線によって空間をも創造します。昨年度春に大学院を修了し、その屈強な彫刻への姿勢にますます期待の高まる作家です。
宮田聡志は、昨年1月「誠実な草」にて生活ゴミや日用品などを入れて漉いた紙を特製の額に入れた平面作品を展示した作家です。素材には一貫して日用品を用い、その性質の上に計算された工程を経て完成する彼の作品は、どこか人間味のない雰囲気を纏っています。既存の製作方法を解体、再構築するような制作方法を常に模索し続ける彼の視点は、わたしたちをポジティブに裏切るのです。

彼らふたりの作品は、極力洗練された色彩を用い、素材を洗練することによってそこにある作品の”モノ”としての魅力を増幅させます。そして、稲葉が用いている鉄という素材は、この世に生成されたその瞬間から、空気によってゆっくりと錆び、朽ちてゆきます。
また、宮田が今回展示する作品に用いられている感熱紙という素材も、やはり永久にその姿を留めておくことは出来ません。車のダッシュボードに置き去りにされたレシートのように、早ければ来年にも、その表情は大きく変わっているかもしれません。
色彩が溢れ、常に飽和状態の情報に囲まれた日常の中で生きるわたしたちは、ついついあらゆるものは永遠に、そこにありつづけてくれるかのような錯覚を抱きがちです。しかし、強固で儚い、残像のような彼らの作品たちは、わたしたちの生きるこの一瞬を共有すること、その尊さを我々に訴えかけてくれるでしょう。
初日5月7日(土)のオープニングレセプションには作家も在廊致します。是非ご高覧頂きたく、ここにご案内申し上げます。

pdf iconPress Release(ja)

Exhibition

「Group Show VIII」

2017 : Exhibition

「dpi」

2017 : Past

三木サチコ個展「Boundary zone」

2017 : Past

「HOLE/WHOLE」帆苅祥太郎・川村喜一

2016 : Past

「Body」興梠優護・齋藤永次郎

2015 : Past

「Celsius」

2015 : Past

高橋つばさ個展「芒種」

2015 : Past

「正規表現」宮田聡志・三輪彩子

2015 : Past

興梠優護個展「Ripple」

2014 : Past

サガキケイタ個展「転式」

2014 : Past

興梠優護個展「Hopscotch」

2014 : Past

Group Show VII

2014 : Past

北加賀屋クロッシング2013 「MOBILIS IN MOBILI -交錯する現在-」 

2013 : Past

出野虹大「偽花魔法蟷螂」

2013 : Past

Group Show VI -Drawing Selection-

2013 : Past

「梅沢和木回顧展」

2013 : Past

三木サチコ個展「やわらかな球めぐる粒」

2013 : Past

帆苅祥太郎個展「うつろの観者」

2013 : Past

「Group Show V」

2013 : Past

「ラッセン展」

2012 : Past

「100 degrees Fahrenheit vol.3」

2012 : Past

梅沢和木「大地と水と無主物コア」

2012 : Past

興梠優護「boiling point」

2011 : Past

宮田聡志「雨漏り」

2011 : Past

parapera presents 「LIVE! LIVE! LIVE!」、「FUTURE ZINE WORKSHOP」、「NEW ZINE WORKSHOP」

2011 : Past

「Group Show IV」

2011 : Past

「matter」

2011 : Past

加藤直個展 「sunao」

2011 : Past

「Group Show III」

2011 : Past

サガキケイタ 「Obit」

2010 : Past

「parapera show ∽(シミリス)」

2010 : Past

「それらすべてを光の粒子と仮定してみる」

2010 : Past

「Group Show II」

2010 : Past

「再生する崩壊する自我する梅沢和木するラウンジする画像コアする*ラウンジ」

2010 : Past

梅沢和木 「美しい画像コア」

2010 : Past

「100 degrees Fahrenheit vol.2」

2010 : Past

悠久齋 「花も嵐もかきわけて」

2010 : Past

杉浦慶太 「Inkjet」

2010 : Past

Negam! 「ザギンでシースーを -Breakfast at Tiffany’s-」

2010 : Past

「誠実な草」

2009 : Past

三木サチコ 「プレゼントは雨の後ろ」

2009 : Past

「ニエプスの箱・右 / 左」

2009 : Past

「愛と笑いと涙を」

2009 : Past

「Group Show I」

2009 : Past

「不死鳥と雉鳩 -真夏の夜の夢2-」

2009 : Past

「100 degrees Fahrenheit vol.1」

2009 : Past

吉永マサユキ 「ちょッカン」

2009 : Past

Nam HyoJun 「ミドルテンション」

2009 : Past

興梠優護 「melting point」

2009 : Past

笹田靖人 「U to Pia」

2009 : Past

杉浦慶太 「森 -Dark Forest-」

2008 : Past

悠久斎 「わたしのために」

2008 : Past

サガキケイタ 「Birthday」

2008 : Past

三木サチコ 「震度1の微震」

2008 : Past

助田徹臣 「日没後に向こう側」

2008 : Past

「真夏の夜の夢」

2008 : Past

帆苅祥太郎 「Behind the Sun」

2008 : Past

「100 degrees Fahrenheit vol.0」

2008 : Past